訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

アントニオ・カノーヴァ

彫刻家[イタリア]

1822年 10月13日 死去享年65歳

アントニオ・カノーヴァ - ウィキペディアより引用
アントニオ・カノーヴァ(Antonio Canova, 1757年11月1日 - 1822年10月13日)は、イタリアの彫刻家。
裸体を表現した大理石像が有名で、過剰に演劇的になり過ぎたバロック美術から、古典主義の洗練さに回帰する、新古典主義の代表である。
アントニオ・カノヴァとも表記される。
幼少時〜修業時代 アントニオ・カノーヴァはヴェネト州のポッサーニョに生まれた。
父親も祖父も石工および無名の彫像家で、ポッサーニョには同業者たちと住んでいた。
3歳の時、父親が亡くなり、母親も再婚先に嫁ぐことになって、カノーヴァは祖父母の手で育てられることになった。
祖父のパジィーノは、スケッチと建築の心得もいくらかあって、デザインも上手く、装飾的な作品を作らせるとかなりの出来だった。
祖父は孫に家名だけでなく、家業も継いでもらうつもりでいた。
それでカノーヴァが鉛筆を握れるようになるとすぐ、祖父はスケッチの手ほどきをした。
幼い頃のカノーヴァは美術の勉強に明け暮れたが、特に彫刻に関心を示し、もっぱらその勉強に時間を割いた。

↑ PAGE TOP