芸能人・経営者のおくやみ情報

吉田義夫 氏(よしだよしお)

俳優[日本]

1986年 12月22日 死去急性心不全享年76歳

吉田 義夫(よしだ よしお、1911年1月3日 - 1986年12月22日)は、主に1950年代から1980年代 80年代にかけて活躍した日本の俳優。

京都府京都市の出身。
本名同じ。

京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)で日本画を学び、卒業後は法隆寺昭和大修理の一環として行われた金堂壁画模写事業に壁画摸写技官として参加し、入江波光画伯の指導の下、第八号壁(文殊菩薩像)を主任として担当した。
失火による壁画損傷で模写事業が中止されると高等学校の美術講師に転じた。
そうした才能を活かしてか、役者転向後は自分の衣装を自分で考えていたという。

兵役後、いくつかの劇団参加を経て、1952年から東映京都撮影所 東映京都の作品に出演するようになる。
『笛吹童子』『三日月童子』『百面童子』など東千代之介主演の童子ものに悪代官役などでレギュラー出演し、東映時代劇の悪役として欠かせない存在となる。

俳優。(1911年1月3日〜1986年12月22日) 京都府出身。 京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)で日本画を学び、卒業後、日本画家、教師、軍人を経て、1952年に映画デビュー。東映時代劇で悪代官役など悪役としてその地位を不動のものにした。 その後、映画やテレビで悪役を熱演し、その存在感を見せるが、中でも、1971年から80年まで「男はつらいよ」シリーズで冒頭の夢のシーンで憎々しい親分や悪党役。また、このシリーズで寅さんがひいきの旅役者一座の座長を演じ、寅さんシリーズを盛り上げた。 この寅さんシリーズで準レギュラーの位置にいたが、同じ準レギュラーで旅役者の一座の座長の娘で女優を岡本茉莉が演じ、のちに志穂美悦子が好演。 晩年は油絵三昧の日々を送り、1986年に75歳でこの世を去った。 (引用元 Hatena Keyword)