芸能人・経営者のおくやみ情報

棟方志功 氏(むなかたしこう)

画家 (版画家)[日本]

1975年 9月13日 死去享年73歳

棟方志功 - ウィキペディアより引用

棟方 志功(むなかた しこう、1903年(明治36年)9月5日 - 1975年(昭和50年)9月13日)は日本人の板画家。
青森県出身。
20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人。
川上澄生の版画「初夏の風」を見た感激で、版画家になることを決意。
1942年(昭和17年)以降、彼は版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けた。
1903年(明治36年)、刀鍛冶職人である棟方幸吉とさだの三男として生まれる。
豪雪地帯出身のため、囲炉裏の煤で眼を病み、以来極度の近視となる。
少年時代にゴッホの絵画に出会い感動し、「ゴッホになる」と芸術家を目指した(友人たちとの会話の中で「大きくなったらお前は何になりたいか」の問いに「私だったら絵描きになりたい」という趣旨であった、ゴッホとは個人ではなく絵描きという職業のことだと思っていた、という説がある)。

板画*1家(1903-1975)。青森県出身。 少年時代から絵を描くことが好きだった棟方志功は、20才でゴッホの「ひまわり」を雑誌で見たのを見て、感銘。21才で上京した。 画家として出発するが、芽が出ず、版画に転向。仏教的な美と女性像を得意として国際的にも高く評価された。また、「わだばゴッホになる」と生涯、ゴッホを目標とした画家としても有名である。 75年の死後、作家・長部日出雄が棟方志功をモデルにした「鬼が来た」を発表し、テレビドラマにもなった。 *1:本人は「版画?」よりも「板画」という表記を好んだ。 (引用元 Hatena Keyword)