芸能人・経営者のおくやみ情報

エリック・ロメール 氏

映画監督[フランス]

2010年 1月11日 死去享年89歳

エリック・ロメール - ウィキペディアより引用

エリック・ロメール(Éric Rohmer、本名ジャン=マリ・モリス・シェレール(Jean-Marie Maurice Schérer)、1920年3月21日(3月20日、4月4日説もあり) - 2010年1月11日)は、フランスの映画監督。
ヌーヴェル・ヴァーグの重要人物。
男女の恋愛模様を軽快なタッチで描く一方、文芸作品などにも取り組む。
来歴・人物 フランス中部コレーズ県チュールに生まれる。
大学で文学を専攻し、1942年に文学教師の資格を得て、パリのリセで教鞭をとる(古典文学を教授)。
その傍ら映画評論を執筆する。
1950年当時、シネクラブ・デュ・カルティエ・ラタンの機関誌『ラ・ガゼット・デュ・シネマ』を編集発行していた。
そこにはジャック・リヴェット、ジャン=リュック・ゴダール、フランソワ・トリュフォーらが執筆参加していたが、半年で廃刊して、アンドレ・バザンら左岸のもうひとつのシネクラブ「オブジェクティフ49」による『カイエ・デュ・シネマ』創刊に合流した。

 Eric Rohmer フランスの映画監督。 1920年3月21日、フランス、チュル生まれ。本名はJean-Marie Maurice Scherer。 1946年、ジルベール・コルディエの筆名で小説「エリザベット」を上梓。 1948年、リセで教鞭と取りながら、映画批評を書き、シネ・クラブを主宰。 1957年から63年まで「カイエ・デュ・シネマ」誌編集長。 1957年、クロード・シャブロルとの共著「ヒッチコック」を上梓。 1950年からアマチュア短編映画を撮り始める。 1957年、ゴダール監督の短篇「男の子の名前はみんなパトリックっていうの」(DVD「アラン・レネ/ジャン=リュック・ゴダール短編傑作選」に収録)の脚本を担当。 1958年、初の商業短篇「ヴェロニクと怠慢な生徒」(DVD「愛の昼下がり?」に収録)を監督。 1959年に初の長編「獅子座」を監督するが、一般公開は62年と遅れ、評価も低かった。ヌーヴェル・ヴァーグとして一世を風靡したフランソワ・トリュフォーやジャン=リュック・ゴダールより10年ほど年長の世代にあたり、「カイエ」編集長としてヌーヴェル・ヴァーグ世代のシネフィルにたいする批評的影響力をもっていた。 短篇「モンソーのパン屋の女の子?」(1962)以後、撮影監督ネストル・アルメンドロスと組み、出世作「コレクションする女」(1966)、「モード家の一夜」(1968)を含む「六つの教訓物語?」連作、ドイツで撮った文芸作「O侯爵夫人?」(1975)、中世古典を再現したファンタジー大作「聖杯伝説?」(1977)、「喜劇と箴言劇?」連作、オムニバス「レネットとミラベルの四つの冒険?」(1986)と「パリのランデブー?」(1994)、「四季 …… (引用元 Hatena Keyword)