芸能人・経営者のおくやみ情報

市原昌三郎 氏

一橋大学名誉教授[日本]

2010年 1月2日 死去老衰享年87歳

市原 昌三郎(いちはら しょうざぶろう、1922年3月9日 - 2010年1月2日)は、日本の法学者。
専門は行政法。
一橋大学名誉教授。
1997年勲二等瑞宝章受章。
千葉県千葉郡津田沼町(現習志野市)生まれ。
千葉県立千葉中学校(現千葉県立千葉高等学校)を経て、1940年4月東京商科大学(現一橋大学)予科入学。
1943年から学徒出陣により東部第64部隊入隊、1944年南方戦線に従軍、1945年ボルネオ島で終戦を迎え、マンガル第8収容所収容、1946年帰国し復学。
1947年東京商科大学学部卒業(卒業論文「シュタムラーの法哲学」)。
1947年から1952年まで東京商科大学特別研究生として田上穣治に師事。
1952年東京商科大学講師、1956年一橋大学法学部助教授。
1957年から1959年までアレキサンダー・フォン・フンボルト財団奨学生としてシュパイアー行政大学院及びハイデルベルク大学に留学しカール・ヘルマン・ウーレ等に師事。

「市原昌三郎」と関連する人物(故人)