芸能人・経営者のおくやみ情報

永野茂門 氏

元法相、元陸上幕僚長[日本]

2010年 1月4日 死去肺炎享年87歳

永野 茂門(ながの しげと、1922年(大正11年)6月28日 - 2010年(平成22年)1月4日)は、日本の陸軍軍人及び陸上自衛官。
退官後は参議院議員(2期)を務めた。
栄典は従三位勲二等旭日重光章。
来歴・人物 大分県出身。
大分中学校(現大分県立大分上野丘高等学校)、広島陸軍幼年学校、陸軍士官学校予科を経て、1941年7月に陸軍士官学校を卒業(第55期)し陸軍将校となる。
終戦時は陸軍大尉。
戦後、陸上自衛隊に入隊し通信科出身ながら陸上幕僚長となるも、1980年に宮永スパイ事件の責を取る形で時の防衛庁長官・久保田円次とともに辞任。
辞任後の1986年、第14回参議院議員通常選挙に自由民主党公認で比例区から出馬し、名簿順位は25名中21位だったが、自民党の大勝により当選した(22位までが当選)。
第2次海部内閣で科学技術政務次官に就任。
1992年、第16回参議院議員通常選挙(比例区)で当選。
同年に起きた東京佐川急便事件で竹下派が分裂し坂野重信・青木幹雄・藤井孝男などの参院幹部が小渕恵三支持に回ったのに対し、永野は同じ自衛官出身の田村秀昭、同年の参院選で当選した北澤俊美らとともに改革フォーラム21(羽田派)に参加。

 元参議院議員。現日本戦略研究フォーラム相談役  1922年6月28日大分県生まれ。  広島陸軍幼年学校、陸軍士官学校予科を経て、1941年陸軍士官学校卒(第55期)し陸軍大尉で終戦。 戦後、陸上自衛隊に入隊し陸上幕僚長。1980年退官。 1986年参議院選挙に自由民主党から出馬し当選。 新生党旗揚げに参加し、羽田内閣で法務大臣を務めるが、「南京大虐殺はでっち上げだ」と発言し、わずか10日間で更迭。 1998年政界引退。 (引用元 Hatena Keyword)