芸能人・経営者のおくやみ情報

赤松教康(あかまつのりやす)

武将[日本]

(「嘉吉の乱」で、将軍・足利義教を謀殺、応永30年生)

(ユリウス暦) 1441年 10月13日 死去自害享年19歳

赤松 教康(あかまつ のりやす)は、室町時代中期の武将。
嘉吉の乱で有名な赤松満祐の子。
生涯 元服時に第6代将軍・足利義教の偏諱を受けて教康と名乗ったが、のち嘉吉元年(1441年)6月24日、父の満祐や叔父の赤松則繁と共に将軍・義教の暗殺に中心的な役割を果たした(嘉吉の乱)。
そして父や叔父と共に播磨に帰国する。
その後、赤松氏は山名宗全や細川持常らを大将とした幕府軍の追討を受けた。
8月24日に赤松軍を率いて和坂に陣を構えて、人丸塚にいた持常や赤松貞村、武田信賢らの幕府軍を破った。
8月25日にも細川軍を破り、武将の吉川経信の侍大将らの多くを戦死させた。
しかし8月26日、但馬方面から山名軍が播磨に侵入したため、坂本に撤退。
このとき前日の雨で増水していた加古川を無理に船や筏で渡ったため、将兵の大半が溺死して一時は教康もこのとき溺死したと噂された。
しかし坂本も落ち、赤松家居城の城山城に籠もる。
しかし城山城は山名軍を主力とした総攻撃を受け、9月10日に父の満祐は自殺した。
教康は満祐の命を受けて赤松氏存続のために17人の供回りと城の西南から脱出し、室津から船で妻の従兄にあたる伊勢多気城の北畠教具のもとへ逃亡した。

あかまつ-のりやす 1423-1441室町時代の武将。応永30年生まれ。赤松満祐(みつすけ)の長男。父や叔父の則繁(のりしげ)と将軍足利義教(よしのり)を暗殺し(嘉吉(かきつ)の乱),父とともに播磨(はりま)(兵庫県)城山(きのやま)城にたてこもる。のち幕府の追討軍に敗れ,伊勢(いせ)(三重県)の北畠教具(のりとも)をたよったが,その地で嘉吉元年9月28/29日自害した。19歳。通称は彦次郎。別名に教祐(のりすけ)。 (引用元 コトバンク)

「赤松教康」と関連する人物(故人)