訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

アブドゥルラフマン・ワヒド 氏

政治家、元インドネシア大統領[インドネシア]

2009年 12月30日 死去享年69歳

アブドゥルラフマン・ワヒド - ウィキペディアより引用
アブドゥルラフマン・ワヒド(Abdurrahman Wahid 1940年9月7日 - 2009年12月30日)は、インドネシアの宗教指導者、政治家である。
グス・ドゥール(Gusdur)という通称で知られている。
スハルト政権時代、インドネシア最大のイスラーム組織ナフダトゥル・ウラマー(NU)議長をつとめ、同政権崩壊後は、国民覚醒党(PKB)を創設、同国の第4代大統領に就任した(在任期間1999年10月20日 - 2001年7月23日)。
一般によく知られる愛称は「グス・ドゥル」で、これは「キアイ(ウラマー)の息子」を意味する。
1940年、東ジャワ州ジョンバン生まれ。
祖父は1926年にナフダトゥル・ウラマー(NU)を創設したハシム・アシャリとビスリ・シャンスリ、父は独立インドネシアの初代宗教大臣をつとめたワヒド・ハシムという、高名なイスラーム指導者(ウラマー)の家系に生まれる。

「アブドゥルラフマン・ワヒド」と関連する人物(故人)