芸能人・経営者のおくやみ情報

高倉照幸 氏(たかくらてるゆき)

プロ野球選手[日本]

(西鉄の黄金期に外野手として活躍)

2018年 2月12日 死去病気享年85歳

高倉照幸 - ウィキペディアより引用

高倉 照幸(たかくら てるゆき、1934年12月8日 - )は、熊本県熊本市出身の元プロ野球選手(外野手)。
熊本商業高校では2年生の時、中堅手として1951年の春の選抜に出場。
1回戦で浜田高を降すが、準々決勝(2回戦)では、この大会に準優勝した鳴尾高の中田昌宏投手に抑えられ敗退。
しかしこの大会唯一の本塁打を放ち注目される。
3年時はエースとして活躍するが甲子園には届かなかった。
高校同期に坂本盛明がいる。
卒業時に巨人・阪神・西鉄ライオンズの勧誘を受けるが、1953年に地元の西鉄に入団する。
入団後に野手転向。
翌1954年には胸部疾患で欠場した塚本悦郎に替わって、強肩俊足を活かしてレギュラー中堅手となり、1957年からは一番打者に定着する。
豊田泰光・中西太・大下弘・関口清治らと形成する強力打線は「流線型打線」と呼ばれ、1954年にリーグ優勝、稲尾和久が入団した1956年からは3年連続日本一という西鉄の黄金時代を三原脩監督の下で築き上げた。

1950〜1960年代のプロ野球選手。 右投右打、ポジションは投手→外野手。背番号は31→25→10→25番。 1934年12月8日、生まれ。2018年2月12日、死去。 熊本県出身。 熊本県立熊本商業高等学校から1953年、投手として西鉄ライオンズに入団。 1954年、外野手にコンバートし、定位置を獲得。1番打者として、ライオンズの黄金時代に大きく貢献した。一切の遊びをせず、金銭を趣味に費やす豪快な選手であった。 1967年、宮寺勝利との交換トレードで読売ジャイアンツに移籍。5番打者として活躍した。 1969年、アトムズに移籍。 1970年、現役引退。 ベストナイン3回、オールスターゲーム出場9回。引退後は福岡市内の福岡南リトル・シニア監督を務めた。 (引用元 Hatena Keyword)