芸能人・経営者のおくやみ情報

橋本昌二 氏

囲碁棋士九段[日本]

2009年 12月2日 死去虚血性心筋梗塞享年74歳

橋本昌二(はしもと しょうじ、1935年(昭和10年)4月18日 - 2009年(平成21年)12月2日)は、日本の囲碁棋士。
兵庫県明石市出身、関西棋院所属、橋本国三郎七段門下、九段。
関西棋院独立当時から若手のエースとして活躍し、「天才昌二」とも言われ、入段から11年で九段に昇段、十段、王座などのタイトルを獲得。
関西棋院第一位決定戦で12回優勝し、関西棋院名誉第一位の称号を持つ。
棋風は深い読みの力戦型、長考派としても有名で、「重戦車」の異名を取った。
1994年から1998年まで関西棋院理事長。
その後特別顧問。
経歴・人物 日本棋院台湾支部長で、自宅に道場を開いていた国三郎を父に、台湾に生まれる。
幼時から父に囲碁の手ほどきを受け、棋士を目指して厳しい指導を受けた。
1947年に12歳で入段。
1953年に18歳で六段に昇段し、第9期本因坊戦予選に参加、その際に日本棋院から関西棋院の新段位を認めないとしたが、鈴木為次郎八段が審査を行って認められた。

「橋本昌二」と関連する人物(故人)