芸能人・経営者のおくやみ情報

横井小楠(よこいしょうなん)

熊本藩士、参与、儒学者[日本]

(明治2年1月5日没)

1869年 2月15日 死去暗殺享年61歳

横井小楠 - ウィキペディアより引用

横井 小楠(よこい しょうなん)は、日本の武士(熊本藩士)、儒学者、政治家。
維新の十傑の1人。
熊本藩において藩政改革を試みるが、反対派による攻撃により失敗。
その後、福井藩の松平春嶽に招かれ政治顧問となり、幕政改革や公武合体の推進などにおいて活躍する。
明治維新後に新政府に参与として出仕するが暗殺された。
本姓は平氏。
「小楠」は彼が使った号の一つで、楠木正行(小楠公)にあやかって付けたものとされる。
諱は「時存」(「ときひろ」「ときあり」)であり、正式な名のりは平時存(たいら の ときひろ / ときあり)。
通称は「平四郎」で、北条平四郎時存、北条四郎平時存ともいう。
他の号に畏斎(いさい)、沼山(しょうざん)がある。
字は子操。
生涯 誕生・就学 文化6年(1809年)8月13日、肥後国(現在の熊本県)熊本城下の内坪井町に、家禄150石の熊本藩士・横井時直の次男として生まれる。

幕末の熊本藩士・政治家・思想家。肥後生。名は時存、字は子操、通称平四郎、別号に沼山。江戸に遊学して藤田東湖らと交わる。藩校時習館の守旧的な学風を批判、元田永孚らと実学党をつくり、私塾小楠堂で子弟を教育する。のち福井藩主松平慶永(春獄)に招かれて藩の政治顧問となり藩政改革を指導、さらに慶永が幕府政事総裁となるとその政治顧問として幕政改革を推進した。明治新政府の参与に起用される。明治2年(1869)歿、61才。 (引用元 コトバンク)