芸能人・経営者のおくやみ情報

ピエール・ド・フェルマー

数学者[フランス]

1665年 1月12日 死去享年歳

ピエール・ド・フェルマー - ウィキペディアより引用

ピエール・ド・フェルマー(Pierre de Fermat、1607年末または1608年初頭- 1665年1月12日)はフランスの数学者。
「数論の父」とも呼ばれる。
ただし、職業は弁護士であり、数学は余暇に行ったものである。
1607-1608年 - 南フランスのトゥールーズ近くのビューモント・ド・ロマーニュに生まれる。
1631年 - トゥールーズの請願委員となり、母の従姉妹のルイズ・ド・ロンと結婚。
1648年 - トゥールーズ議会の勅撰委員となる(死ぬまでこの地位にあり続けた)。
1665年1月12日 - 死去農民が空腹と貧困で一揆を起こしていた時期に、フランスの小さな農村で誕生した。
正確な生年は確定されていないが、1607年末から1608年初頭である。
従来は1601年とされていて墓に記されている没年齢との矛盾が謎であったが、2001年に発見された資料で生後すぐ死んだ兄との混同であったことが確定した。
4000 gを超える健康な子だった。
実父のエドゥアールはピエールが生まれてすぐに一揆で死亡したため、母マリーは女手一つでフェルマーを育てた。

「ピエール・ド・フェルマー」と関連する人物(故人)