訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

土屋公献 氏

元日弁連会長[日本]

2009年 9月25日 死去腎がん享年86歳

土屋 公献(つちや こうけん、1923年4月3日 - 2009年9月25日)は、日本の弁護士。
元日弁連会長。
旧日本軍による731部隊や重慶爆撃などの国家賠償事件で弁護団長を務めた。
また、在日コリアンの人権問題にも深く関わり、朝鮮総連の代理人を務め、朝鮮高級学校生徒の高校体育連盟加盟問題では日弁連に人権救済を申し立て、高校総体参加への道を開く一方、北朝鮮による日本人拉致事件では日本人拉致被害者の家族を非難したり、朝鮮総連中央本部をめぐる詐欺事件への関与などの問題も起こした。
また慰安婦問題では国連において慰安婦を「性的奴隷(Sex Slaves またはSexual Slavery)」 として扱い、国連から日本政府に補償を行うように工作した。
1923年 東京市芝区(現:東京都港区)生まれ 府立化学工業学校を経て、 1943年 静岡高等学校 (旧制)に入学するも、従軍により学業を中断。
父島に配属され、小笠原事件に遭遇。
復員後、1946年復学、1948年卒業 1952年 東京大学法学部卒業 1957年33歳で旧司法試験合格 1960年 司法修習12期(同期に緒方重威)修了し弁護士登録 1979年 司法研修所教官(3年間) 1991年 日弁連副会長 1994年 日弁連会長(2年間) 2009年 9月25日、腎癌のため死去。

「土屋公献」と関連する人物(故人)