訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ガートルード・ベインズ 氏

世界最高齢女性[アメリカ]

2009年 9月11日 死去享年115歳

ガートルード・ベインズ - ウィキペディアより引用
ガートルード・ベインズ(Gertrude Baines、1894年4月6日 - 2009年9月11日)は、かつて世界最長寿であったアメリカ合衆国の女性。
2009年1月2日にマリア・デ・イエスが死去したことに伴い世界最長寿になった。
カリフォルニア州ロサンゼルス在住。
アフリカ系アメリカ人。
関節炎を患っていたため歩くことは困難だが、病気に悩まされたことはなかったという。
1894年、アメリカ合衆国ジョージア州のシェルマンで生まれた。
最初の記憶は、カナダにドライブに行ったことだと回想している。
サム・コンリーと結婚し、娘アナベルをもうけたが18歳のときに腸チフスで亡くしている。
ベインズは晩年、ロサンゼルスのジェファーソンパークにある療養所で暮らした。
105歳になるまでは一人で暮らしていた。
長寿の秘訣は何かと問われた際、彼女は、「神様ね。
神様に訊いてください…私は神様がお望みのとおり、自分の体を大事にしました」と答えている。
ベインズは2008年アメリカ合衆国大統領選挙でバラク・オバマに一票を投じた。