芸能人・経営者のおくやみ情報

湯川秀樹 氏(ゆかわひでき)

理論物理学者[日本]

(日本人初のノーベル賞受賞者)

1981年 9月8日 死去心不全享年75歳

湯川秀樹 - ウィキペディアより引用

湯川 秀樹(ゆかわ ひでき、1907年(明治40年)1月23日 - 1981年(昭和56年)9月8日)は、日本の理論物理学者。
原子核内部において、陽子や中性子を互いに結合させる強い相互作用の媒介となる中間子の存在を1935年に理論的に予言した。
1947年、イギリスの物理学者セシル・パウエルが宇宙線の中からパイ中間子を発見したことにより、湯川の理論の正しさが証明され、これにより1949年(昭和24年)、日本人として初めてノーベル賞を受賞した。
京都大学・大阪大学名誉教授。
京都市名誉市民。
1943年(昭和18年)文化勲章。
位階勲等は従二位勲一等旭日大綬章。
学位は理学博士。
生涯 生い立ち 1907年(明治40年)1月23日、東京府東京市麻布区市兵衛町(現:東京都港区六本木)に地質学者・小川琢治と小雪の三男として生まれる。
1908年(明治41年)、1歳の時に父・琢治(和歌山県出身)の京都帝国大学教授就任に伴い、一家で京都府京都市に移住する。

ゆかわひでき [生]1907.1.23.東京[没]1981.9.8.京都理論物理学者。京都帝国大学理学部物理学科卒業(1929)。大阪帝国大学講師(34),京都大学教授(39)。東京帝国大学教授兼任(42)。プリンストン高等研究所客員教授(48)。コロンビア大学教授(49)。京都大学基礎物理学研究所の創設に伴い初代所長(53)。1934年核子間の力およびβ崩壊を媒介する場の粒子として,電子と陽子との中間の質量をもつ粒子の存在を予言した。続いて36年K電子捕獲の理論を提唱。湯川の予言したπ中間子の実験的確認は47年まで待たなければならなかったが,この間に37年のμ粒子の発見をはじめ多くの素粒子の発見を刺激した。43年文化勲章受章。49年日本人として初めてノーベル物理学賞受賞。その後,非局所場の理論の展開に努めた。科学上の業績のほかに,パグウォッシュ会議,世界平和七人委員会などで科学者の平和運動に貢献し,また文筆にすぐれ,『湯川秀樹自選集』など多くの著書がある。 (引用元 コトバンク)