訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

佐久間象山(さくましょうざん)

松代藩士、兵学者、思想家[日本]

(元治元年7月11日没)

1864年 8月12日 死去斬殺享年54歳

佐久間象山 - ウィキペディアより引用
佐久間 象山(さくま しょうざん/ぞうざん)は、江戸時代後期の松代藩士、兵学者・朱子学者・思想家。
松代三山の一人。
通称は修理(しゅり)、諱は国忠(くにただ)、のちに啓(ひらき)、字は子迪(してき)、後に子明(しめい)と称した。
位階は贈正四位。
象山神社の祭神。
象山神社の隣が生家で、長野県の史跡に指定されている。
家系 『真武内伝』を著した竹内軌定によると佐久間家の祖は戦国時代の北信濃葛尾城主で武田信玄を2度にわたって破った名将として名高い村上義清に8,000石で仕えた佐久間大学という。
大学の孫である与左衛門国政の時に松代藩の連枝(分家)である上野沼田藩3万石の藩主である真田信政の下で馬役を務めて250石を食んだ。
その後、信政が真田信之の世継として松代藩を継いだため、国政も松代に移ったが間もなく家は絶えた。
しかし岩間二郎左衛門清村の次男である岩間三左衛門国品が名跡を継いで佐久間と称して真田信弘に仕えて100石を食んだ。
この国品が佐久間家中興の祖とされている。
しかし佐久間象山が自ら著した『佐久間氏略譜』によると家系は桓武平氏であり、桓武天皇の曾孫である高望王の末裔に佐久間家村という者がいた(安房国佐久間荘に居住したことから佐久間を姓にしたという)。
題名
佐久間象山 (Century Books―人と思想)
著者
奈良本辰也
発売元
清水書院
発売日
2014-09-01
新品価格
¥ 1,080 より
中古商品
¥ 2,160 より
題名
佐久間象山(上) (中公文庫)
著者
発売元
中央公論新社
発売日
2015-01-23
新品価格
¥ 1,296 より
中古商品
¥ 2,200 より
題名
佐久間象山(下) (中公文庫)
著者
発売元
中央公論新社
発売日
2015-01-23
新品価格
¥ 1,296 より
中古商品
¥ 351 より
題名
超訳 言志四録 佐藤一斎の「自分に火をつける」言葉 (知的生きかた文庫)
著者
田口佳史
発売元
三笠書房
発売日
2015-04-22
新品価格
¥ 648 より
中古商品
¥ 1,050 より
題名
幕末の明星 佐久間象山 (講談社文庫)
著者
童門冬二
発売元
講談社
発売日
2008-08-12
新品価格
より
中古商品
¥ 283 より
題名
評伝 佐久間象山〈上〉 (中公叢書)
著者
発売元
中央公論新社
発売日
2000-09
新品価格
¥ 1,998 より
中古商品
¥ 554 より
題名
省〓録 (セイケンロク) (1944年) (岩波文庫)
著者
佐久間象山
発売元
岩波書店
発売日
1944-04-05
新品価格
より
中古商品
¥ 199 より
題名
小説 佐久間象山〈下〉 (朝日文庫)
著者
井出孫六
発売元
朝日新聞社
発売日
1987-08
新品価格
より
中古商品
¥ 1,000 より
題名
日本思想大系〈55〉渡辺崋山・高野長英・佐久間象山・横井小楠・橋本左内 (1971年)
著者
佐藤昌介
発売元
岩波書店
発売日
1971
新品価格
より
中古商品
¥ 528 より
題名
佐久間象山伝
著者
大平喜間多
発売元
宮帯出版社
発売日
2013-02
新品価格
¥ 1,944 より
中古商品
¥ 687 より
題名
嗚呼!佐久間象山/維新伝心まったなし
歌手
発売元
UPCレコード
発売日
2017年1月21日
新品価格
¥ 1,296 より
中古商品
より
題名
吟詠の友 13
歌手
佐藤直哉
発売元
コロムビアミュージックエンタテインメント(株)
発売日
1997年7月19日
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP