芸能人・経営者のおくやみ情報

赤池弘次 氏

元統計数理研究所長[日本]

2009年 8月4日 死去肺炎享年81歳

赤池弘次 - ウィキペディアより引用

赤池 弘次(あかいけ ひろつぐ、1927年11月5日 - 2009年8月4日)は、日本の数理統計学者。
静岡県富士宮市に生まれ、海軍兵学校(75期)、第一高等学校を経て、東京大学で数学を専攻した。
1952年、統計数理研究所所員。
1962年同研究所第一研究部第二研究室長、1973年同研究所第五研究部長、1985年同研究所予測制御研究系研究主幹を経て、1986年から1994年まで同研究所所長を務めた。
1970年代に確立した赤池情報量規準(AIC)で知られる。
主要な貢献 1960年代までに携わった時系列解析、因子分析で得た知見をもとに、モデル選択のための一般的な手法である赤池情報量規準(AIC)を発表した。
この手法はその後、モデル選択の標準的な手法として広く用いられるとともに、ベイジアンの枠組みへの拡張など多数の理論的発展を生んだ。
1974年の彼の論文 "A new look at the statistical model identification" は工学・技術分野でもっとも多く引用される文献のひとつに数えられる。