芸能人・経営者のおくやみ情報

河口慧海

黄檗宗侶、仏教学者、探検家[日本]

1945年 2月24日 死去脳溢血享年80歳

河口慧海 - ウィキペディアより引用

河口 慧海(かわぐち えかい、1866年2月26日(慶応2年1月12日) - 1945年(昭和20年)2月24日)は、黄檗宗の僧侶。
仏教学者にして探検家。
幼名を定治郎という。
僧名は慧海仁広(えかいじんこう)。
中国や日本に伝承されている漢語に音訳された仏典に疑問をおぼえ、仏陀本来の教えの意味が分かる物を求めて、梵語の原典とチベット語訳の仏典入手を決意。
日本人として初めてチベットへの入国を果たした。
1866年(慶応2年)摂津国堺山伏町(現・大阪府堺市堺区北旅籠町西3丁)生まれ。
1890年(明治23年)に黄檗宗の五百羅漢寺(当時は東京本所にあった)で得度を受け出家する。
1892年(明治25年)には大阪妙徳寺に入り、禅を学ぶ。
その後、五百羅漢寺の住職を勉めるまでになるが、その地位を打ち捨て、梵語・チベット語の仏典を求めて、鎖国状態にあったチベットを目指す。
数々の苦難の末、2度のチベット入りを果す。
帰国した後、1921年(大正10年)年に還俗する。
(その理由については自身の著書『在家仏教』に詳しく記されている。

1866‐1945。大阪府堺生まれ。仏教学者、探検家。 23歳で上京し、井上円了の哲学館(東洋大学の前身)で、哲学・宗教を学、東京本所の五百羅漢字の住職となる。 仏教の原典を求めることを志し、まずインドに渡りインド在住のチベット人にチベット語を学ぶ。その後、単身、ヒマラヤ側から苦心惨憺のすえ、1899年、当時鎖国政策をとっていたチベットに密入国する。が、2年後に日本人であることが露見しラサを退去する。 1903年帰国し、チベット旅行談を新聞に連載。1904年『西蔵旅行記』(現在は『チベット旅行記』と表記)上下巻を出版。 その後も中国、インド、ネパール、チベットを訪れ、チベット一切経など貴重な資料を持ち帰る。 1921年僧籍を離れ、「在家仏教」を起こす。晩年は「チベット語辞典」の編纂にあたるぶ。 (引用元 Hatena Keyword)

「河口慧海」と関連する人物(故人)