芸能人・経営者のおくやみ情報

古橋広之進 氏

競泳選手、元日本オリンピック委員会会長[日本]

2009年 8月2日 死去享年80歳

古橋広之進 - ウィキペディアより引用

『古橋廣之進』より : 古橋 廣之進(ふるはし ひろのしん、1928年9月16日 - 2009年8月2日)は日本の水泳選手であり、スポーツ指導者。
日本大学名誉教授。
1928年9月16日、静岡県浜名郡雄踏町(現・浜松市西区)にて生まれる。
日本大学法文学部(現在は法学部)政治経済学科卒業。
第二次世界大戦終了後の水泳界で次々と世界記録を打ち立てて「フジヤマのトビウオ」の異名を取った。
現役引退後は大同毛織(現 ダイドーリミテッド)に入社。
その後、母校・日本大学の教授や日本水泳連盟会長、日本オリンピック委員会会長を歴任した。
2009年8月2日に世界水泳選手権が開かれていたイタリア・ローマにて客死。
大学進学まで 雄踏小学校4年の時に水泳部に入部。
当時、古橋が通っていた学校の水泳部では、浜名湖での遠泳が伝統的に行われており、古橋は6年生の時100mと200mの自由形で学童新記録を樹立した。
その際、新聞報道で「豆魚雷」との異名を付けられた。
その後、浜松第二中学校(現・静岡県立浜松西高等学校)へ進学したものの太平洋戦争の激化により水泳を続けることができなかった。

ふるはしひろのしん [生]1928.9.16.静岡,雄踏[没]2009.8.2.イタリア,ローマ水泳選手。1951年日本大学卒業。第2次世界大戦直後の1947年に400m自由形,翌1948年には400m,1500mの各自由形で世界記録を上回り,敗戦に打ちひしがれた日本国民に希望と自信を与えた。当時日本は国際水泳連盟FINAに加盟を許されていなかったため古橋の記録は公認されず,1948年のロンドン・オリンピック競技大会にも参加できなかった。FINA復帰直後の1949年,全米水上選手権大会でリレーを含む4種目に世界新記録で優勝し,「フジヤマのトビウオ」と現地の新聞で称賛された。1976年よりFINA副会長,1985~2003年日本水泳連盟会長,1990~99年日本オリンピック委員会JOC会長などスポーツ界の要職を歴任。1949年ヘルムズ賞,1951年日本スポーツ賞,2004年朝日スポーツ賞など受賞多数。1967年国際水泳殿堂入り。1993年文化功労者に選ばれ,1995年オリンピック・オーダー銀章,2003年旭日重光章,2008年文化勲章を受章。 (引用元 コトバンク)