訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

若杉弘 氏(わかすぎひろし)

指揮者[日本]

2009年 7月21日 死去多臓器不全享年75歳

若杉 弘(わかすぎ ひろし、1935年5月31日 - 2009年7月21日)は、日本の指揮者。
父若杉要は外交官であり、ニューヨーク総領事(1937年~)を経て日米開戦時の駐米公使(1941年~1943年)を務めた。
妻はメゾソプラノ歌手の長野羊奈子。
東京生まれ。
幼少時からピアノを学ぶ一方、演劇、オペラ、バレエに親しみ、高校時代には二期会などのオペラ団体でピアノ伴奏の経験を積んだ。
慶應義塾大学経済学部へ入学し、経済学を学びつつ混声合唱団楽友会に所属。
音楽への思いを断ち切れずに中退し、1956年に東京芸術大学に入学し直し、声楽科で畑中良輔に師事する一方、伊藤栄一に指揮法を師事。
さらに伊藤の紹介で齋藤秀雄にも師事する。
その傍ら、コレペティトゥア、副指揮者としてさまざまなオペラ公演に参加。
1959年、指揮科に転科して金子登に師事。
同年、二期会公演「フィガロの結婚」を指揮してオペラデビュー。
卒業後すぐにNHK交響楽団指揮研究員となり、カイルベルト、ロイブナー、マタチッチ、サヴァリッシュ、アンセルメ、マルティノン、エレーデなどの薫陶を受ける。