訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

宮川香山

陶芸家[日本]

1916年 5月20日 死去享年75歳

宮川香山 - ウィキペディアより引用
宮川 香山(みやがわ こうざん、男性、天保13年1月6日(1842年2月15日) - 大正5年(1916年)5月20日)は日本の陶芸家。
明治時代の日本を代表する陶工。
高浮彫、真葛焼(横浜焼)の創始者、帝室技芸員。
2代目宮川香山・宮川半之助は養子。
海外ではMakuzu Kozanとしても知られている。
香山は天保13年(1842年)、京都の真葛ヶ原に陶工・真葛宮川長造の四男として生まれた。
幼名は虎之助。
19歳の時、父と兄が亡くなり陶工の家を継ぐと父が生前朝廷用の茶器を制作し「香山」の称号を受けていたため虎之助は初代香山の名を名乗り父の得意とした色絵陶器や磁器などを制作。
その腕は評判を呼び慶応2年(1866年)、25歳の時、幕府から御所献納の品を依頼されるまでになった。
明治3年(1870年)、29歳の時、薩摩の御用商人梅田半之助、実業家鈴木保兵衛らに招聘され翌年、横浜に輸出向けの陶磁器を作る工房・真葛窯を開いた。
しかし、当時の関東地方には陶磁器を作る土がなく有名な工房があるのは京都や中国地方などに集中していたため、この地に工房を開くのはかなりの苦労を伴う事業だった。

「宮川香山」と関連する人物(故人)