芸能人・経営者のおくやみ情報

土居健郎 氏

元東京大学教授[日本]

2009年 7月5日 死去老衰享年89歳

土居 健郎(どい たけお、1920年3月17日 - 2009年7月5日)は日本の精神科医、精神分析家。
東京大学名誉教授、聖路加国際病院診療顧問。
東京生まれ。
東京帝国大学医学部卒業後、米国メニンガー精神医学校、サンフランシスコ精神分析協会に留学。
キリスト教 カトリック教会の信徒であった。
著書『「甘え」の構造』は日本人の精神構造を解き明かした代表的な日本人論として有名であり、海外でも、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、韓国語、インドネシア語、タイ語で翻訳が出版されている。
府立高等学校 (旧制)を経て、 1942年 東京帝国大学医学部卒業。
陸軍軍医となる。
1957年 聖路加国際病院精神科医長 1960年 「日本語の概念による精神病理学的研究」にて医学博士、東京大学 1971年 東京大学医学部保健学科精神衛生学教室教授 1979年 東京大学医学部医学科精神科教授兼任 1980年 国際基督教大学教授 1983年 国立精神衛生研究所長 2004年 土居健郎記念賞設置 2009年7月5日 老衰により死去。

どいたけお [生]1920.3.17.東京,東京[没]2009.7.5.東京精神医学者。1942年東京帝国大学医学部を卒業後,聖路加国際病院に勤務。1950年にアメリカ合衆国のメニンガー精神医学校へ留学。帰国後は聖路加国際病院精神科医長を経て,東京大学医学部教授,国際基督教大学教授,国立精神衛生研究所所長などを歴任した。日本特有の他者への依存感情「甘え」を手がかりに日本人の特性を分析。1971年に刊行した『「甘え」の構造』では,他人に依存的で,依存を拒否されるとすねる,ひがむなどの屈折した態度をとる日本人の精神構造の基底には甘えがあると指摘した。同書は120万部をこえるベストセラーとなり,日本人論ブームのきっかけともなった。英語,フランス語,中国語などにも翻訳され,「甘え」の概念は社会学や文化人類学にも影響を与え,国際的な学術語となった。 (引用元 コトバンク)

「土居健郎」と関連する人物(故人)