訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

松浦武四郎(まつうらたけしろう)

探検家、浮世絵師[日本]

(蝦夷地を探査し、北海道と命名)

1888年 2月10日 死去享年71歳

松浦武四郎 - ウィキペディアより引用
松浦 武四郎(まつうら たけしろう、文化15年2月6日(1818年3月12日) - 明治21年(1888年)2月10日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての探検家、浮世絵師、好古家。
名前の表記は竹四郎とも。
諱は弘。
雅号は北海道人(ほっかいどうじん)、多気志楼など多数。
蝦夷地を探査し、北海道という名前を考案した。
生涯 文化15年(1818年)、伊勢国一志郡須川村(現在の三重県松阪市小野江町)にて郷士・松浦桂介ととく子の四男として生まれる。
松浦家は、肥前国平戸の松浦氏の一族で中世に伊勢国へ来たといわれている。
別書では、代々百姓で、父・桂祐の次男として生まれたとしている。
父親は庄屋を営んでおり、比較的恵まれた中、文化的な素養を身に付けたとされる。
13歳から3年間、平松楽斎(漢学者・伊勢津藩士)のもとで学び、猪飼敬所、梁川星巌らと知己を得る。
山本亡羊に本草学を学び、16歳から諸国をめぐった。
天保9年(1838年)に平戸で僧となり文桂と名乗るが、故郷を離れている間に親兄弟が亡くなり天涯孤独になったのを契機に、弘化元年(1844年)に還俗して蝦夷地探検に出発する。