芸能人・経営者のおくやみ情報

松平広忠(まつだいらひろただ)

戦国武将[日本]

(徳川家康の父、天文18年3月6日没)

(ユリウス暦) 1549年 4月3日 死去享年24歳

松平広忠 - ウィキペディアより引用

松平 広忠(まつだいら ひろただ)は、戦国時代の武将。
三河国額田郡岡崎城主。
松平宗家8代当主。
松平清康の子。
徳川家康の父。
出自など 生年 「武徳大成記」が大永6年4月(1巻72頁)とし「三家考」および「御九族記」(寛保3・1743年成立)は同年4月29日としている。
「改正三河後風土記」(上巻151頁)「徳川実紀」(1巻22頁)がこれを踏襲している。
「朝野旧聞裒藁」(1巻407頁)「徳川幕府家譜」(18頁)は大永6年と記すにとどめている。
「松平記」(107頁)や「三河記大全」は天文18年に24歳で死去とするので、生年は同じになる。
このほか25歳とするもの(「創業記考異」ただし一説にとして24歳と記す)また27歳で死去とするもの(「三州八代記古伝集」)もあり、同書の記述から逆算できる広忠の生年は大永3年(1526年)である。
「三河物語」は23歳とするが年次の記述がない(69頁)。
生母 青木貞景の娘とされているが(「徳川幕府家譜」18頁「徳川実紀」1巻21頁)、清康の室であった松平信貞の娘とする異説もある(広忠を「弾正左衛門」信貞の実孫とする『新編岡崎市史6』851および852頁所収の「大林寺由緒」また「朝野旧聞裒藁」1巻737頁「大樹寺御由緒書」も同旨)。

まつだいらひろただ [生]大永6(1526).三河[没]天文18(1549).3.6.三河戦国時代の武将。清康の子。母は青木貞景の娘。徳川家康の父。生涯を通じて今川義元の援助を受けた。天文16(1547)年織田信秀の攻撃を受け,義元の援助を受けるため,6歳になる竹千代(家康)を人質として駿府に送ったが,途中信秀の手に奪われた。その後今川氏の援助で三河を平定したが,側近岩松八弥に殺害された。 (引用元 コトバンク)