訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

荷田春満(かだのあずままろ)

国学者歌人[日本]

(元文元年7月2日没)

1736年 8月8日 死去享年68歳

荷田春満 - ウィキペディアより引用
荷田 春満(かだ の あずままろ、寛文9年1月3日(1669年2月3日)- 元文元年7月2日(1736年8月8日))は、江戸時代中期の国学者・歌人。
通称は、斎宮(いつき)。
初名は信盛と称し、のちに東丸。
賀茂真淵・本居宣長・平田篤胤と共に国学の四大人の一人とされる。
荷田春満の父は伏見稲荷神社(現在の伏見稲荷大社)の社家で御殿預職の羽倉信詮(はくら のぶあき)であり、母は細川忠興の家臣深尾氏の娘貝子である。
荷田春満は契沖の『万葉代匠記』などを学び、国家意識を強くして古典及び国史を学び古道の解明を試みた結果、『万葉集』『古事記』『日本書紀』や大嘗会の研究の基礎を築き、復古神道を提唱するなどの業績を残した。
享保13年(1728年)には、著作『創学校啓(そうがくこうけい)』を江戸幕府に献じて、将軍・徳川吉宗に国学の学校建設の必要性を訴えた。
荷田春満の弟子に、賀茂真淵がいる。
荷田春満の著述は、業半ばで倒れたため未定稿のものが多い。
主な著書に『万葉集僻案抄』『春葉集』『創学校啓』『伊勢物語童子問』などがある。