芸能人・経営者のおくやみ情報

三沢光晴 氏

プロレスラー、NOAH代表取締役社長[日本]

2009年 6月13日 死去試合中の事故による頸髄損傷享年46歳

三沢光晴 - ウィキペディアより引用

三沢 光晴(みさわ みつはる、本名は三澤 光晴、1962年6月18日 - 2009年6月13日)は、日本のプロレスラー。
1981年に全日本プロレスにてデビュー。
同団体のトップレスラーとして活躍した後、2000年にプロレスリング・ノアを旗揚げ。
レスラー兼社長として同団体を牽引した。
2009年6月13日、試合中リング禍により死去した。
46歳没。
少年時代 1962年6月18日、北海道夕張市に生まれる。
父親は北海道炭礦汽船に勤務していたが、三沢が生まれて間もなく夕張炭鉱が閉山同然の状態となったため、一家は埼玉県越谷市へ転居した。
三沢は子供のころから体が大きく、小学校時代に越谷市が開催した走り幅跳びの大会で優勝するなど、運動神経が良かった。
中学校では器械体操部に入部。
三沢曰く、器械体操を経験したことがプロレスの飛び技に生きているという。
中学2年の時、テレビで全日本プロレス中継を見て「観るよりやるほうが絶対におもしろい」と直感した三沢はプロレスラーを志すようになる。

プロレスラー(1662-2009)。元二代目タイガーマスク。 通称:ノアの盟主、全日本プロレス時代はエルボーの貴公子、超世代の旗手。 高校時代はアマレスで国体優勝の経歴を持ち、自衛隊からのスカウトを蹴ってのプロレス入り。 高校時代の後輩には川田利明がいる。 全日本プロレスを経て、プロレスリング・ノアを設立。 日本のプロレス界のエースとして強い人気とカリスマ性を併せ持つ人物であった。 2009年6月13日、広島県での試合中に頭部を強打し病院に搬送されるも死亡が確認された。享年46歳。 (引用元 Hatena Keyword)