芸能人・経営者のおくやみ情報

木下忠司 氏(きのしたちゅうじ)

作曲家[日本]

(兄は映画監督・木下惠介)

2018年 4月30日 死去老衰享年103歳

木下 忠司(きのした ちゅうじ、1916年4月9日 - )は、日本の作曲家。
兄・木下惠介の作品の音楽を数多く手掛けている。
静岡県浜松市生まれ。
映画監督木下恵介の弟で、妹は脚本家の楠田芳子。
静岡県立浜松第一中学校(現:浜松北高等学校)を卒業後、1934年に上京、諸井三郎に音楽理論を学び、武蔵野音楽学校(現・武蔵野音楽大学)で声楽を学ぶ。
1940年卒業、新交響楽団(現NHK交響楽団)の機関誌『フィルハーモニー』の編集に携わるが、応召し、敗戦まで内地および支那で軍隊勤務。
戦後復員、兄の紹介で松竹映画の音楽部員となり、同監督『わが恋せし乙女』(1946年封切)の音楽を担当、1949年の同監督『破れ太鼓』には自ら俳優として出演、作曲家を志す若者の役で、ピアノを弾きながら自ら作った主題歌を歌った。
1951年同監督で日本で国産カラーフイルムを使って最初に作られた総天然色映画「カルメン故郷に帰る」で,同名の主題歌の作詞,挿入歌「そばの花咲く」の作詞・作曲を担当する。

映画音楽作曲家。 1916年(大正5年)4月9日、生まれ。2018年(平成30年)4月30日、死去。 静岡県出身。 (引用元 Hatena Keyword)