訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

保科正之(ほしなまさゆき)

信濃高遠藩・出羽山形藩・陸奥会津藩 藩主[日本]

(徳川秀忠の実子、寛文12年12月18日没)

1673年 2月4日 死去享年63歳

保科正之 - ウィキペディアより引用
保科 正之(ほしな まさゆき)は、江戸時代初期の大名。
会津松平家初代。
信濃高遠藩主、出羽山形藩主を経て、陸奥会津藩初代藩主。
徳川家康の孫にあたる。
江戸幕府第3代将軍徳川家光の異母弟で、家光と4代将軍家綱を輔佐し、幕閣に重きをなした。
子孫である徳川恒孝は、後の徳川宗家18代目当主。
生涯 生い立ち 慶長16年(1611年)5月7日、第2代将軍徳川秀忠の四男(庶子)として生まれる。
幼名は幸松。
母は秀忠の乳母大姥局の侍女で北条氏旧臣・神尾栄嘉(かんお さかよし)の娘(『以貴小伝』『会津家世実記』)、もしくは武蔵国板橋郷竹村の大工の娘(『柳営婦女伝系』)である静(志津、後の浄光院)。
秀忠は慶長15年(1610年)2月から3月、慶長17年(1612年)3月から4月には駿府へ赴いているほか江戸近郊で鷹狩を行っており、静の妊娠はこの間のことであると考えられている。
「会津松平家譜」では江戸神田白銀の竹村次俊宅にて出生したとある。
近世武家社会においては、正室の体面・大奥の秩序維持のため侍妾は正室の許可が必要で、下級女中の場合にはしかるべき家の養女として出自を整える手続きが必要であったと考えられている。