芸能人・経営者のおくやみ情報

信松尼(しんしょうに)

武田信玄の五女[日本]

(元和2年4月16日没)

1616年 5月31日 死去享年56歳

『松姫』より : 信松尼(しんしょうに、永禄4年(1561年) - 元和2年4月16日(1616年5月31日))は、戦国時代から江戸時代初期にかけての女性。
甲斐国の戦国大名である武田信玄の六女。
出家前の名は松姫(まつひめ)。
母は側室の油川氏。
同母の兄弟姉妹には仁科盛信(五郎)、葛山信貞、真理姫(木曾義昌室)、菊姫(上杉景勝室)らがいる。
生涯 甲斐の生まれ。
初見史料は永禄8年(1565年)5月で、信玄が富士浅間大菩薩に対し息女の病気平癒を願った願文が見られ、これが松姫に比定される。
永禄年間に武田氏は尾張国の織田氏と接し信玄の世子・勝頼の正室には織田信長養女遠山氏の娘(龍勝院)を迎えていたが、『甲陽軍鑑』に拠れば永禄10年(1567年)11月に勝頼正室は死去し、同年12月には武田・織田同盟の補強として、7歳の松姫と信長の嫡男・織田信忠(11歳)との婚約が成立する。

没年:元和2.4.16(1616.5.31) 生年:永禄4(1561) 安土桃山・江戸初期,武田信玄の娘。甲斐国(山梨県)躑躅ケ崎の館に生まれる。名は松。織田信長の嫡子信忠と婚約するが,破談後は髪をおろして独身で過ごした。織田軍に攻められて高遠城より逃れ武蔵国八王子に住み,旧武田家臣の家族の生計を助けるため養蚕を盛んにし,この地の機織業の基礎を築いたといわれる。墓が八王子信松院にある。北島藤次郎『信松尼公記』 (柴桂子) (引用元 コトバンク)