芸能人・経営者のおくやみ情報

林董(はやしただす)

幕臣、政治家、外相、伯爵[日本]

(松本良順の実弟)

1913年 7月20日 死去享年64歳

林董 - ウィキペディアより引用

林 董(はやし ただす、嘉永3年2月29日(1850年4月11日) - 大正2年(1913年)7月20日)は、江戸時代末期(幕末)の幕臣、明治時代の日本の外交官、政治家。
伯爵。
蘭方医佐藤泰然の5男で初代陸軍軍医総監・男爵の松本良順は実兄。
幼名は信五郎、名は董三郎(とうさぶろう)とも。
変名、佐藤 東三郎(さとう とうさぶろう)。
生涯 嘉永3年(1850年)、下総佐倉藩(現在の千葉県佐倉市)の蘭方医佐藤泰然・たき夫妻の末子として生まれた。
文久2年(1862年)、姉つるの夫で江戸幕府御典医林洞海の養子となり林董三郎と改名、両親と横浜に移り住み宣教師ジェームス・カーティス・ヘボンの塾(ヘボン塾、後の明治学院大学)で英語を学んだ。
慶応2年(1866年)、幕府の留学生として川路太郎・中村正直らとイギリスへ渡りユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン、キングス・カレッジ・ロンドンで勉強していたが、慶応4年(明治元年、1868年)6月に帰国、幕府滅亡後は縁戚の榎本武揚率いる脱走艦隊に身を投じ、箱館戦争時には佐藤東三郎と名乗った。

はやしただす [生]嘉永3(1850).2.22.江戸[没]1913.7.10.東京伯爵。明治の外交官。その外交的成功の最大のものは1902年の日英同盟締結である。慶応2(1866)年幕命により中村敬宇らとイギリスに留学。明治1(68)年帰国して榎本武揚の軍に加わり箱館戦争に参加した。榎本軍敗北により捕えられたが,同3年5月釈放されて新政府に出仕した。岩倉大使欧米巡行随員を経て,工部大書記官,太政官大書記官,香川県知事,兵庫県知事などを歴任,1891年外務次官となった。在職中,外相陸奥宗光を助け,94年不平等条約改正なかんずく日英通商航海条約締結に指導的な役割を果し,さらに日清戦争終結の下関条約締結に参画した。のち,駐清公使,駐露公使を経て1900年駐英公使となった。駐英公使在任中,ロシアの極東への膨張を押えるため,日英同盟の締結に尽力。さらに05年駐英大使となったのち,日英同盟を攻守同盟にするための改訂にあたった。日露戦争後06年より08年に第1次西園寺公望内閣の外相に就任,日仏,日露,日韓協約を締結した。11年第2次同内閣の成立により逓信相兼外相として入閣したが翌12年内閣総辞職で辞任した。 (引用元 コトバンク)