訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

トーマス・ジェファーソン

政治家、第3代大統領[アメリカ]

1826年 7月4日 死去享年83歳

トーマス・ジェファーソン - ウィキペディアより引用
トーマス・ジェファーソン(英: Thomas Jefferson、1743年4月2日(ユリウス暦)/4月13日(グレゴリオ暦) - 1826年7月4日)は、アメリカ合衆国の政治家で第3代アメリカ合衆国大統領(1801年-1809年)。
妻のマーサ・ジェファーソンは夫が大統領に就任する前に33歳の若さで亡くなっており、代理として娘のマーサ・ジェファーソン・ランドルフがファーストレディを務めた。
アメリカ独立宣言(1776年)の主要な作者であり、アメリカ合衆国の共和制の理想を追求したことで最も影響力のあったアメリカ合衆国建国の父の一人とされている。
共和制を推進し、イギリスの帝国主義に対抗する偉大な「自由の帝国」の陰にある力としてアメリカの姿を描いた。
首都・ワシントンD.C.で就任演説を行った最初の大統領である。
大統領就任中にはルイジアナ買収(1803年)やルイス・クラーク探検隊(1804年-1806年)を進めたが、辞任後の米英戦争(1812年-1815年)に繋がるイギリスおよびフランス両国との緊張関係を増すことになった。