芸能人・経営者のおくやみ情報

松岡洋右(まつおかようすけ)

政治家、外相[日本]

1946年 6月27日 死去病死享年67歳

松岡洋右 - ウィキペディアより引用

松岡 洋右(まつおか ようすけ、1880年(明治13年)3月4日 - 1946年(昭和21年)6月27日)は、日本の外交官、政治家。
アメリカへの留学経験があり、満州国では満鉄総裁として弐キ参スケの一人に数えられた。
日本の国際連盟脱退、日独伊三国同盟の締結、日ソ中立条約の締結など第二次世界大戦前夜の日本外交の重要な局面に、代表的な外交官ないしは外務大臣として関与した。
敗戦後、極東国際軍事裁判の公判中に病死した。
外交官同士のジョセフ・グルーと親交があった。
生涯 アメリカ留学 1880年(明治13年)に山口県熊毛郡室積村(のち光市室積)にて、廻船問屋の四男として生まれる。
洋右が11歳の時、父親が事業に失敗し破産したこと、親戚が既に渡米して成功を収めていたことなどから1893年(明治26年)に留学のため渡米する。
アメリカでは周囲の人々からキリスト教の影響を受け、入信に至る。
特に来日経験のあるオレゴン州ポートランドのアメリカ・メソジスト監督教会牧師メリマン・ハリス(Merriman Colbert Harris)のあたたかい信仰に見守られつつ、日本自由メソヂスト教会の指導者となる河辺貞吉から大きな影響を受け、洗礼(記録では1893年とある)を受けた。

1880-1946 政治家。山口県生まれ。 オレゴン大卒。外交官を経て代議士。1933年(昭和8)国際連盟首席全権として、連盟脱退を宣言。満鉄総裁を経て、近衛内閣の外相として日独伊三国同盟、日ソ中立条約を締結。 戦後A級戦犯として裁判中病死。 (引用元 Hatena Keyword)