芸能人・経営者のおくやみ情報

蠣崎波響(かきざきはきょう)

松前藩士、家老、絵師[日本]

(文政9年6月22日没)

1826年 7月26日 死去享年63歳

蠣崎波響 - ウィキペディアより引用

蠣崎 波響(かきざき はきょう)/蠣崎 広年(かきざき ひろとし)は、江戸時代後期の画家、松前藩家老。
生涯 松前藩12代藩主・松前資広の五男に生まれる。
13代藩主・道広は異母兄。
母は松前藩の家臣・長倉長左衛門貞義の娘・勘子。
家老職を継いだ長男・波鶩(広伴)も画家として知られる。
なお、幕末期の家老であった下国崇教も一時期波響の養子であったことがある。
生まれた翌年に父が亡くなり、兄・道広が跡を継いだため、家禄五百石の家老蠣崎家の養子になる。
幼い頃から画を好み、8歳の頃馬場で馬術の練習を見て、馬の駆ける様を描いて人々を驚かせたと伝えられる。
叔父・広長は波響の才能を惜しんで、安永2年(1773年)に江戸に上がらせ、南蘋派の画家・建部凌岱に学ばせた。
間が悪く翌3年に凌岱が亡くなると、師の遺言に従い宋紫石に師事。
天明20年(1783年)20歳の時松前に戻り、この年の冬から大原呑響が約一年松前に滞在し、以後親交を結ぶ。
波響と号したのはこのころからである。
寛政元年(1789年)のクナシリ・メナシの戦い(寛政蝦夷蜂起)で松前藩に協力したアイヌの酋長を描いた『夷酋列像』(函館市中央図書館に2点所蔵。