芸能人・経営者のおくやみ情報

植木光教 氏

政治家、元自民党参院議員[日本]

2009年 6月6日 死去心不全享年82歳

植木 光教(うえき みつのり、1927年3月24日 – 2009年6月6日)は、日本の政治家。
位階は正三位。
勲等は勲一等。
参議院議員(5期)、総理府総務長官(第24代)、沖縄開発庁長官(第5代)などを歴任。
来歴・人物 京都府生まれ。
京都府立京都第一中学校を経て、第三高等学校にて学んだ。
その後、東京帝国大学の法学部に入学した。
東京大学時代は学生運動に関わり、渡邉恒雄らとともに、共産党勢力を排除した新「新人会」の立ち上げに加わった。
またクリスチャンでもあったため、東大YMCA代表も務めた。
1950年に大学を卒業すると、日本放送協会に勤務した。
その後、警視総監を経て政治家となった町村金五の下で働くことになり、政治家秘書を務めた。
1962年、35歳の誕生日直後に京都府知事選挙に自由民主党公認で立候補するが、現職の蜷川虎三に敗れ落選。
1963年、参議院議員補欠選挙にて、京都府選挙区から自由民主党公認で立候補した。
以後5回当選する。
派閥は宏池会(池田勇人→前尾繁三郎→大平正芳→鈴木善幸→宮澤喜一派)に所属した。