芸能人・経営者のおくやみ情報

フリードリヒ・エンゲルスFriedrich Engels

思想家、共産主義者[ドイツ]

1895年 8月5日 死去享年76歳

フリードリヒ・エンゲルス - ウィキペディアより引用

フリードリヒ・エンゲルス(Friedrich Engels、1820年11月28日 - 1895年8月5日)は、ドイツの社会思想家、政治思想家、ジャーナリスト、実業家、共産主義者、軍事評論家、革命家、国際的な労働運動の指導者。
カール・マルクスと協力して科学的社会主義の世界観を構築、労働者階級の歴史的使命を明らかにし、労働者階級の革命による資本主義がもたらした発達した生産力の継承と資本主義そのものの廃絶、共産主義社会の構築による人類の持続的発展を構想し、世界の労働運動、革命運動、共産主義運動の発展に指導的な役割を果たした。
人物像 若い頃より活動的で、正義感と勇気があり、終生マルクスの誠実な友人であったと共に、病にあって苦しんだ死の間際まで、周囲への思いやりと闊達なユーモアを欠かさなかった。
工場経営者として地元経済界との交流もそつなくこなし、その間ではエンゲルスは酒のよくわかる、乗馬好きの快活な大男だった。
エンゲルスは、軍事の分野に特に通暁し、マルクスは、その軍事分野への造詣と博学、軍事的な国際関係の分析力に敬意を表して「マンチェスターの将軍」と呼んでいた。

Friedrich Engels(1820年11月28日〜1895年8月5日) ドイツの思想家・経済学者・哲学者。カール・マルクスと協力してマルクス主義、科学的社会主義、弁証法的唯物論の世界観を構築したことで有名。 若い頃から社会運動に関心があり、1842年にはヘーゲル左派の立場からシェリング批判を展開した「シェリングとその啓示」を著した。 1844年にマルクスと出会い、「聖家族」や「ドイツイデオロギー」を著している。1848年に共産主義同盟を結成、「共産党宣言」を出して革命運動を遂行、敗北の後イギリスに渡り、第一インターナショナルを組織、マルクスを支援して「資本論」の完成に寄与した。 他に著作としては「家族・私有財産・国家の起源」や「反デューリング論」などがある。 (引用元 Hatena Keyword)