芸能人・経営者のおくやみ情報

石本美由起 氏(いしもとみゆき)

作詞家[日本]

2009年 5月27日 死去心不全享年86歳

石本美由起 - ウィキペディアより引用

石本 美由起(いしもと みゆき、男性、1924年2月3日 - 2009年5月27日 )は、広島県大竹市立戸出身の作詞家。
昭和の歌謡界を代表する作詞家の一人である。
本名は美幸。
来歴・人物 幼少から喘息を患い、家に閉じこもるような生活を送る。
生家は宮島や江田島など瀬戸内海を見渡せる風光明媚な場所に建ち、幾分救われる。
そばにある文学は全て読んだが、なかでも北原白秋やゲーテを読みふけった。
1944年、海軍大竹海兵団に入隊するが、すぐ体調を崩して岩国海軍病院に入院。
慰問に来た東海林太郎の歌声に戦争に傷ついた兵士たちが瞳を輝かせるのを見て歌の魅力を知った。
戦後、作詞を始め、高橋掬太郎が主宰する歌謡同人誌『歌謡文芸』に投稿を始める。
夢中になった白秋の詩『思い出』の中の一篇「ザボンのかげ」からインスピィレーションを得て「長崎のザボン売り」という詩を書き、同人誌に投稿すると、作曲家江口夜詩の目にとまり、1948年に小畑実の歌でレコード発売され大ヒットした。

作詞家。 1924年生まれ。 1948年に岡晴夫の「憧れのハワイ航路」がヒットしたのを機に作詞家の道へ。 「港町十三番地」「悲しい酒」(美空ひばり)、「柿の木坂の家」(青木光一)「浅草姉妹」(こまどり姉妹)、「逢いたかったぜ」(岡晴夫)、「長崎のザボン売り」(小畑実)、「矢切の渡し」(細川たかし)など人の哀歓を詩に託した。 演歌のジャンルを超えた作品を残した作詞家である。 2009年5月27日に死去。85歳だった。 (引用元 Hatena Keyword)