芸能人・経営者のおくやみ情報

シャルル8世Charles VIII

フランス国王[フランス]

(ユリウス暦) 1498年 4月7日 死去享年29歳

シャルル8世 - ウィキペディアより引用

『シャルル8世 (フランス王)』より : シャルル8世(Charles VIII, 1470年6月30日 - 1498年4月7日)は、ヴァロワ朝第7代のフランス王(在位:1483年 - 1498年)。
温厚王(l'Affable)と呼ばれた。
イタリア戦争を始めたフランス王として知られる。
生涯 フランス王ルイ11世とシャルロット・ド・サヴォワの息子として1470年にアンボワーズ城で生まれた。
兄はいたがいずれも夭逝しており、1483年8月30日父王の死去により13歳で即位、姉アンヌ・ド・ボージュー、義兄ブルボン公ピエール2世夫妻の摂政下に置かれた。
シャルル8世の最初の妃はハプスブルク家のローマ王(のちの神聖ローマ皇帝)マクシミリアンの娘マルグリットであった。
マルグリットは、誘拐同然にフランスへ送られてアンヌ・ド・ボージューの下で養育され、シャルル8世と幼くして形式的な結婚をした。
一方、マクシミリアンはマルグリットの母で最初の妃であるマリー・ド・ブルゴーニュをすでに亡くしており、ブルターニュ公国の継承権を持つアンヌ・ド・ブルターニュと婚約していた。

シャルルはっせいCharlesVIII [生]1470.6.30.アンボアーズ城[没]1498.4.8.アンボアーズ城フランス王(在位1483~98)。ルイ11世の子。幼少で即位し,姉アンヌ・ド・フランス(ボージュー)が後見した。貴族の反乱が生じたが鎮圧(88)。アンヌ・ド・ブルターニュを妃とし,ブルターニュを王領に編入。1492年から親政。時代錯誤の栄誉を追う性癖があり,ナポリ王国を要求,ひいては東ローマ皇帝となることを夢想し,イタリアに出兵(94),第1期イタリア戦争の契機となった。ナポリに入城したが,オーストリア,ミラノ,ベネチア,教皇から成るベネチア同盟の反撃を受けて撤兵した(95)。再度の出兵を準備中,アンボアーズ城内で事故死。 (引用元 コトバンク)