芸能人・経営者のおくやみ情報

ベニート・ムッソリーニ

政治家、イタリア王国首相[イタリア]

1945年 4月28日 死去銃殺享年63歳

ベニート・ムッソリーニ - ウィキペディアより引用

ベニート・アミルカレ・アンドレア・ムッソリーニ(Benito Amilcare Andrea Mussolini 、1883年7月29日 - 1945年4月28日)は、イタリアの政治家、教師、軍人。
第40代イタリア王国首相。
イタリア社会党で活躍したのち追放され、ファシズム理論を独自に構築し、国家ファシスト党による一党独裁制を確立した。
王政後期のイタリア政界でイタリア社会党(PSI)の政治家として活躍し、第一次世界大戦後に自らの政党として結党した国家ファシスト党(PNF)のドーチェ (統帥)としてファシズム(結束主義)運動を展開、ローマ進軍によって首相に任命され、ファシズム政権を樹立した。
1925年1月3日の議会演説で実質的に独裁体制を宣言し、同年12月24日に従来の閣僚評議会議長(首相職)より権限の強い「国家統領」(イタリア語: Capo del governo primo ministro segretario di Stato)を創設して自ら初代統帥に就任、同時に首相職を含めた複数の大臣職を恒久的に兼務することで独裁体制を確立した(ムッソリーニ政府)。

Benito Amilcare Andrea Mussolini 1883年7月29日〜1945年4月28日 イタリアの政治家。 →ムッソリーニ (引用元 Hatena Keyword)