芸能人・経営者のおくやみ情報

アレグザンダー3世Alexander III

スコットランド国王[スコットランド王国]

(ユリウス暦) 1286年 3月19日 死去落馬享年46歳

アレグザンダー3世 - ウィキペディアより引用

『アレグザンダー3世 (スコットランド王)』より : アレグザンダー3世(Alexander III, 1241年9月4日 - 1286年3月19日)は、スコットランド王(在位:1249年 - 1286年)。
スコットランドで最も偉大な王の一人といわれる。
アレグザンダー3世は、アレグザンダー2世と2度目の王妃マリー・ド・クーシー (en) の一人息子としてロクスバラ(現在のスコティッシュ・ボーダーズの一角)で生まれた。
1249年に父が没したため、同年7月13日にスクーンで戴冠し、7歳で王位を継承した。
1251年12月26日、アレグザンダーはイングランド王ヘンリー3世の娘マーガレットと結婚した。
これはヘンリー3世の押しつけであり、ヘンリー3世はアレグザンダーをナイトに叙した上で臣従を強要した。
宮廷では、摂政のジョン・ベイリャル(スコットランド王ジョン・ベイリャルの父)と王妃護衛職のロバート・ド・ロスが王妃をないがしろにするなど、専横を極めた。
1255年、アレグザンダーは親政に乗り出し、ジョン・ベイリャルとロバート・ド・ロスを追放した。
また、イングランドの内乱に対しては深入りせず、イングランドとの良好な関係の維持に努めた。