芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘンリー8世Henry VIII

イングランド国王[イギリス]

(ユリウス暦) 1547年 1月28日 死去享年57歳

ヘンリー8世 - ウィキペディアより引用

『ヘンリー8世 (イングランド王)』より : ヘンリー8世(Henry VIII, 1491年6月28日 - 1547年1月28日)は、テューダー朝第2代のイングランド王(在位:1509年4月22日(戴冠は6月24日) - 1547年1月28日)、アイルランド卿、のちアイルランド王(在位:1541年 - 1547年)。
イングランド王ヘンリー7世の次男。
百年戦争以来の慣例に従い、フランス王位の要求も継続した。
6度の結婚に加えて、ローマ・カトリック教会からのイングランド国教会の分離によって知られる。
ローマと対立し、修道院を解散し、自ら国教会の首長となった。
だがローマによる破門のあとも、カトリックの教義への信仰は失わなかった。
また、ウェールズ法諸法によって、イングランドおよびウェールズの統合を指導した。
1513年には神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世と連合して、1544年には神聖ローマ皇帝兼スペイン王カール5世と連合してフランスを攻めるが、どちらもハプスブルク家からの援助は最小限であり、膨大な戦費に堪えられず失敗に終わった。

イングランド国王。1491〜1547年(在位1509〜1547)。父はヘンリー7世、母はエリザベス王妃(次男)。 1509年にヘンリー8世として即位。婚約していたキャサリン・オブ・アラゴンと結婚するが、離婚(婚姻の無効)を求めてローマ教皇クレメンス7世と対立し、教皇権から分離した「イングランド国教会」(英国国教会)を成立させた。これがイングランドにおける宗教改革となる。これを認めなかったクレメンス7世から、1533年に破門宣告を受ける。1534年には国王至上法(首長令)を発布し、イングランド国教会の長となった。 キャサリン・オブ・アラゴンとの間にはメアリー王女(後のメアリー1世)がいたが、ヘンリー8世はキャサリンを追放し、1533年にアン・ブーリンと結婚。アン・ブーリンとの間には王女エリザベス(後のエリザベス1世)が生まれた。1536年、アン・ブーリンが姦通や不義密通の罪で処刑され、その年に3人目の王妃ジェーン・シーモアと結婚。ジェーンは1537年にエドワード王子(後のエドワード6世)を出産したが、難産のため死亡。ヘンリー8世はアン・オブ・クレーヴズを4番目の妃として迎えたが、半年後に離婚。1540年にキャサリン・ハワードと結婚するが、キャサリン・ハワードは姦通の罪で処刑される。1543年、6番目かつ最後の王妃であるキャサリン・パーと結婚。キャサリン・パーは当時庶子となっていたメアリー、エリザベス(第三継承法によって王位継承者に復帰)と、エドワードを養育した。 1547年、55歳で崩御。その死に伴い、王子エドワードは9歳でエドワード6世として即位した。 (引用元 Hatena Keyword)