芸能人・経営者のおくやみ情報

スティーヴン・ホーキング 氏Stephen William Hawking

理論物理学者[イギリス]

2018年 3月14日 死去享年77歳

スティーヴン・ホーキング - ウィキペディアより引用

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング (Stephen William Hawking 1942年1月8日 - )はイギリスの理論物理学者である。
大英帝国勲章(CBE)受勲、FRS(王立協会フェロー)、FRA(ロイヤル・ソサエティ・オブ・アーツフェロー)。
一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にブラックホールの特異点定理を発表し世界的に名を知られた。
1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱、1974年には「ブラックホールは素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表、量子宇宙論という分野を形作ることになった。
現代宇宙論に多大な影響を与えている人物。
また、一般人向けに現代の理論的宇宙論を平易に解説しようと試みた著作群が各国で翻訳されており、これでも人々によく知られている。
(日本語版は『ホーキング、宇宙を語る』など) 「車椅子の物理学者」としても知られる。
60年代、学生のころに筋萎縮性側索硬化症を発症したとされている。

Stephen William Hawking 「車椅子の天才」と呼ばれる英国の理論物理学者。1942年1月8日生まれ*1 ちなみにオックスフォード生まれだが、ケンブリッジ大学ルーカス記念講座教授を勤めた。 数学をやりたかったが、オックスフォード大学のユニバーシティ・カレッジに入ったら数学課程がなかったので、代わりに物理学をやることに。つまり数学界の代わりに物理学界が一人の天才を手に入れた勘定になる。 オックスフォード大学卒業後、宇宙論を専攻するためにケンブリッジへ移り、ここで博士号を取得。その後、フェロー(給費研究生)として研究を続け、さらに1980年からはルーカス数学講座教授に就任。 ケンブリッジ在学中に難病のALS(筋萎縮症性側索硬化症)であることが判明する。1985年に肺炎を患った後は完全介護が必要となったが、テクノロジーの助けを借りて研究と講演を続けた。 2018年3月14日死去。享年76。 (引用元 Hatena Keyword)