訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

徳川家定(とくがわいえさだ)

第13代江戸幕府将軍[日本]

(安政5年7月6日没)

1858年 8月14日 死去享年35歳

徳川家定 - ウィキペディアより引用
徳川 家定(とくがわ いえさだ)は、江戸幕府の第13代征夷大将軍。
生涯 将軍就任以前 文政7年(1824年)4月8日、第12代将軍・徳川家慶の四男として江戸城で生まれる。
家慶は14男13女を儲けたが、成人まで生き残ったのは家定だけであった。
しかし家定も幼少の頃から病弱で、人前に出ることを極端に嫌った。
天保12年(1841年)に大御所・徳川家斉(第11代将軍。
家定の祖父)の死後、(第12代将軍・家慶の)世嗣となる。
しかし家慶は、家定の継嗣としての器量を心配して、一橋家の徳川慶喜を将軍継嗣にしようと考えたほどである。
だが、老中・阿部正弘らが反対したため、結局は家定を将軍継嗣とした。
嘉永6年(1853年)、家慶が黒船来航の後に病死したことを受け、第13代将軍となった。
将軍時代 嘉永7年1月16日(1854年2月13日)、マシュー・ペリーが7隻の艦隊を率いて再来日すると、幕府は同年3月3日(3月31日)日米和親条約に調印した。