芸能人・経営者のおくやみ情報

夢野久作(ゆめのきゅうさく)

作家侶、詩人[日本]

1936年 3月11日 死去脳溢血享年48歳

夢野久作 - ウィキペディアより引用

夢野 久作(ゆめの きゅうさく、1889年(明治22年)1月4日 - 1936年(昭和11年)3月11日)は、日本の禅僧、陸軍少尉、郵便局長、小説家、詩人、SF作家、探偵小説家、幻想文学作家。
他の筆名に海若藍平、香倶土三鳥など。
現在では、夢久、夢Qなどと呼ばれることもある。
戒名は悟真院吟園泰道居士。
禅僧としての名は雲水(うんすい)、法号を萠円と称した。
出家名は、杉山 泰道(すぎやま やすみち)、幼名は直樹(なおき)。
父は、玄洋社系の国家主義者の大物、杉山茂丸。
長男はインド緑化の父と言われる杉山龍丸。
三男の杉山参緑は詩人となった。
「夢野久作と杉山三代研究会」の杉山満丸は孫。
日本探偵小説三大奇書の一つに数えられる畢生の奇書『ドグラ・マグラ』をはじめ、怪奇色と幻想性の色濃い作風で名高い。
またホラー的な作品もある。
詩や短歌にも長け、同時代の他の作家とは一線を画す作家である。
福岡県福岡市出身。
父母が離婚したため、祖父・杉山三郎平に育てられ、弘道館述義と詩経、易経、四書五経を教え込まれる。

ゆめのきゅうさく [生]1889.1.4.福岡[没]1936.3.11.福岡小説家。本名杉山泰道。玄洋社系の黒幕的存在だった父,杉山茂丸に対する反発と葛藤のなか,能,謡曲をたしなむ祖父のもとで幼少期を過す。福岡県立中学の修猷館卒業後,志願兵として近衛歩兵第一連隊に入隊するが,翌1909年に除隊,慶應義塾大学に進んだ。しかしその後,父の命で退学,福岡の農園に連れ戻されたが,まもなく出家して禅僧となり修行生活をおくり,謡曲教授,新聞記者なども経験する。22年杉山萌円の筆名で童話『白髪小僧』を発表,26年『新青年』の創作探偵小説に『あやかしの鼓』で応募して2位入選。これ以降,夢野久作の筆名を用い,35年には大作『ドグラ・マグラ』を発表,狂人が書いた推理小説というかたちをかりながら「存在上の殺人」をテーマに据えた哲学小説ともいうべき異色の作品で人々に衝撃を与えた。さらに『押絵の奇蹟』(1929),『犬神博士』(31)でも未分化な意識の世界が追求されるが,『氷の涯』『暗黒公子』(33)などでは普遍性,広がりといったものへの志向がみられる作品も一方にあった。接客中に倒れ,47年の生涯を終えた。 (引用元 コトバンク)