芸能人・経営者のおくやみ情報

徳川家治(とくがわいえはる)

第10代江戸幕府将軍[日本]

(天明6年8月25日没)

1786年 9月17日 死去享年50歳

徳川家治 - ウィキペディアより引用

徳川 家治(とくがわ いえはる)は江戸幕府の第10代将軍である(在職:宝暦10年(1760年) - 天明6年(1786年))。
父は第9代将軍・徳川家重。
母は側室・お幸の方(梅渓通条の娘)。
生涯 元文2年(1737年)5月22日、江戸城西ノ丸に生まれる。
幼名は竹千代。
幼少時よりその聡明さから、第8代将軍であった祖父・吉宗の期待を一心に受け寵愛されて育った。
吉宗は死亡するまで、家治に直接の教育・指導を行った。
それは、言語不明瞭だった家重に伝授できなかった、帝王学の類を教えるためでもあった。
家治は文武に明るかったが、これも吉宗の影響が非常に大きい。
寛保元年(1741年)8月、元服して権大納言に叙任する。
宝暦4年(1754年)12月に閑院宮直仁親王の娘・倫子女王と結婚した。
宝暦10年(1760年)5月3日、父の隠居により徳川宗家の家督を相続し、9月2日には正式に将軍宣下を受けて第10代将軍職を継承し、正二位・内大臣に昇叙する。

1737年6月20日〜1786年9月17日 江戸幕府の第10代将軍。在位期間は1760年から1786年まで。第9代将軍の徳川家重の長男。田沼意次を重用していた。 (引用元 Hatena Keyword)