訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

佐々木正 氏(ささきただし)

工学博士、シャープ 元副社長[日本]

(世界に先駆けて電卓を手のひら大まで小型化することに成功)

2018年 1月31日 死去享年104歳

佐々木 正(ささき ただし、1915年(大正4年)5月12日 - )は、日本の電子工学の技術者。
シャープ元副社長。
工学博士。
「ロケット・ササキ」の異名を持つ。
島根県浜田市生まれ。
小学校時代に台湾の小学校へ転校、台北の高等学校 (旧制)を経て1938年に京都帝国大学卒業。
台北の高等学校で卒業研究としてマンゴーの品種改良に取り組む。
アップルマンゴーは「この研究がきっかけでできた」と佐々木は説明している。
大卒後、当時の川西機械製作所(現富士通)へ入社。
昭和30年代に早川電機工業(現:シャープ)の要請を受け転進。
シャープ株式会社産業機器事業部長、専務、副社長を経て現在同社顧問。
ポケットに入る超小型電卓の開発により液晶業界では世界的に最も著名な研究者。
また、電気・電子・情報通信分野の世界最大の学会であるIEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers,Inc.)より、日本人で5人目の「IEEE 2003 Honorary Membership」(IEEE名誉会員)を授与される。
題名
科学朝日1970年1月号
著者
科学朝日編集部
発売元
朝日新聞社
発売日
1970-01-01
新品価格
より
中古商品
¥ 1,000 より

「佐々木正」と関連する人物(故人)

佐伯旭 松本清張 逸見政孝

↑ PAGE TOP