芸能人・経営者のおくやみ情報

徳川家重(とくがわいえしげ)

第9代江戸幕府将軍[日本]

(宝暦11年6月12日没)

1761年 7月13日 死去享年51歳

徳川家重 - ウィキペディアより引用

徳川 家重(とくがわ いえしげ)は、江戸時代の江戸幕府第9代将軍(在任:延享2年(1745年)- 宝暦10年(1760年))である。
生涯 将軍になるまで 正徳元年12月21日(1712年1月28日)、御三家紀州藩の第5代藩主(後に第8代将軍)・徳川吉宗の長男として江戸赤坂の紀州藩邸で生まれる。
母は側室・大久保氏(お須磨の方・深徳院)。
幼名は長福丸。
父・吉宗が将軍に就任することになると、同時に江戸城に入り、享保10年(1725年)に元服、それまでの徳川将軍家の慣例に倣い、通字の「家」の字を取って家重と名乗る。
生来虚弱の上、障害により言語が不明瞭であったため、幼少から大奥に籠りがちで酒色にふけって健康を害した。
享保16年12月(1731年)、比宮増子と結婚した。
発話の難に加え、猿楽(能)を好んで文武を怠ったため、文武に長けた次弟・宗武と比べて将軍の継嗣として不適格と見られることも多く、父・吉宗や幕閣を散々悩ませたとされる。

1712年1月28日〜1761年7月13日 江戸幕府の第9代将軍。紀州藩の第5代藩主で後に第8代将軍になった徳川吉宗の長男。1745年から1760年まで在位していた。在位中は独自の改革を行っていたが、凶作などの影響で社会は安定しなかった。 (引用元 Hatena Keyword)