芸能人・経営者のおくやみ情報

黒田長溥(くろだながひろ)

筑前福岡藩主[日本]

1887年 3月7日 死去享年77歳

黒田長溥 - ウィキペディアより引用

黒田 長溥(くろだ ながひろ)は、江戸時代後期から末期の大名。
筑前福岡藩の第11代藩主。
養父斉清と同じく蘭癖大名であり藩校修猷館を再興させた事で知られる幕末の名君である。
生涯 文化8年(1811年)3月1日、薩摩藩主・島津重豪と側室・牧野千佐との間に重豪の十三男として生まれる。
千佐は家臣の家で働く身分の女性だったが、重豪も圧倒されるほどの大柄で大酒飲みだったと言われ、惚れ込んだ重豪の求めによって側室となった。
そんな母の血を継いだ長溥もまた大柄であった。
2歳年上の大甥・斉彬とは兄弟のような仲であったという。
文政5年(1822年)、第10代福岡藩主・黒田斉清の娘、純姫と婚姻。
婿嗣子となり、養父同様、将軍徳川家斉の偏諱を賜って黒田斉溥と称した(家斉は斉溥からみて養父の伯父、また姉の広大院が家斉の御台所であることから義兄にあたる)。
天保5年(1834年)11月6日、養父の隠居により、家督を相続した。
就任後は実父の重豪に倣って近代化路線を推し進めた。
現在は歓楽街で有名な中洲の一部である博多岡崎新地に、精練所と反射炉を建設した。

くろだながひろ [生]文化8(1811).3.薩摩[没]1887.3.東京幕末の福岡藩主。薩摩藩主島津重豪(しげひで)の9男。文政5(1822)年,福岡藩主黒田斉清の養子となり,天保5(34)年襲封。蘭学を好み,ペリー来航に際しては開国方針を幕府に建策。砲台を築き,外国船を購入し,精錬所を設けるなど藩に西洋施設を導入した。幕末政局の混乱に際しては公武合体の立場に立って幕府,長州間の斡旋に努めた。1877年の西南戦争の際は,新政府の依頼を受けて勅使柳原前光に随行,島津久光らと会見して新政府側からの斡旋に尽力した。 (引用元 コトバンク)