芸能人・経営者のおくやみ情報

伊東巳代治(いとうみよじ)

官僚、政治家、伯爵[日本]

1934年 2月19日 死去享年78歳

伊東巳代治 - ウィキペディアより引用

伊東 巳代治(いとう みよじ、安政4年5月7日(1857年5月29日) - 昭和9年(1934年)2月19日)は、明治、大正、昭和期の官僚、政治家。
従二位勲一等伯爵。
長崎県長崎市出身。
生涯 安政4年(1857年)、長崎町年寄伊東善平の3男として長崎酒屋町で誕生。
早くから長崎英語伝習所でグイド・フルベッキに師事して英語を修め語学を修得。
明治4年(1871年)に明治政府の工部省の試験に合格して上京、電信技師となったが退職、明治6年(1873年)に兵庫県訳官を経て明治9年(1876年)に再び上京、神田孝平の推薦で伊藤博文の知遇を得て工部省に出仕した。
伊藤の側近として事務作業に従事し明治11年(1878年)に内務省へ異動、明治13年(1880年)に太政官権少書記官、明治14年(1882年)に参事院議官補兼書記官を歴任した。
明治15年(1882年)に伊藤の欧州憲法調査に随行、翌16年(1883年)の帰国後は制度取調局御用掛も兼ね、明治18年(1885年)に第1次伊藤内閣が誕生すると首相となった伊藤の首相秘書官となった。