芸能人・経営者のおくやみ情報

大峯顕 氏(おおみねあきら)

哲学者俳人・大峯あきら、侶・浄土真宗[日本]

2018年 1月30日 死去急性心臓死享年90歳

大峯 顕(おおみね あきら、1929年7月1日 - )は、日本の哲学者、浄土真宗僧侶、俳人。
大阪大学名誉教授、元龍谷大学教授。
専立寺前住職。
学者としての専攻は宗教哲学。
中期フィヒテ研究・西田幾多郎研究で知られる。
俳号は大峯あきら。
奈良県生。
旧制奈良県立畝傍中学校を経て、1953年、京都大学文学部宗教学科卒業、1959年、京都大学大学院文学研究科博士課程修了。
同年、京都大学文学部助手。
1966年、大阪外国語大学助教授。
1971年より1972年まで、文部省在外研究員としてハイデルベルク大学留学。
1973年、大阪外国語大学教授。
1976年、「フィヒテの宗教哲学」で京大文学博士。
1980年、大阪大学教養部教授。
1992年定年退官、大阪大学名誉教授、龍谷大学教授。
浄土真宗教学研究所長。
俳句は1950年、「ホトトギス」に投句し高浜虚子に師事。
1953年、波多野爽波の「青」創刊に参加、1963年同人。
1984年、「青」同人を辞し、宇佐美魚目、岡井省二らと同人誌「晨」(しん)を創刊、代表同人。
1994年より毎日俳壇選者。
2002年、句集『宇宙塵』で第42回俳人協会賞受賞。

俳人。宗教哲学者。大阪大学名誉教授。 1929年(昭和4年)7月1日、生まれ。2018年(平成30年)1月30日、死去。 奈良県出身。本名は大峯顕。 (引用元 Hatena Keyword)