訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

徳川家継(とくがわいえつぐ)

第7代江戸幕府将軍[日本]

(正徳6年4月30日没)

1716年 6月19日 死去享年8歳

徳川家継 - ウィキペディアより引用
徳川 家継(とくがわ いえつぐ)は、江戸幕府の第7代将軍(在任:1713年 - 1716年)。
第6代将軍・徳川家宣の四男。
母は側室で浅草唯念寺住職の娘・お喜代(月光院)。
一時期、徳川家の旧苗字「世良田」を用いて世良田 鍋松(せらた なべまつ)と呼ばれていた。
婚約者は霊元天皇の皇女・八十宮吉子内親王。
史上最年少で任官した征夷大将軍である。
生涯 将軍になるまで 宝永6年(1709年)7月3日、第6代将軍・徳川家宣の四男として生まれる。
家宣は子宝に恵まれず、正室・近衛熙子(天英院)との間に生まれた豊姫は天和元年(1681年)に早世し、宝永4年(1707年)に側室・おこうの方との間に生まれた家千代も2ヶ月で早世し、宝永5年(1708年)に生まれた大五郎も宝永7年(1710年)8月に早世した。
正徳元年(1711年)にお須免の方との間に生まれた虎吉も早世し、家継だけが生き残った。
正徳2年(1712年)、父・家宣が病に倒れたが、このときの9月23日に家宣は新井白石と間部詮房を呼び寄せて、「次期将軍は尾張の徳川吉通にせよ。